「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

この空の下

d0210004_10541620.jpg



















写真にしてしまうと何の変哲もない空だけど
クリスマスツリーに飾る手で千切った綿のような形の雲が
規則的に点在しているのが面白くて思わずカメラを向けた。

「この雲一つない、真っ青な空にはいい加減うんざりですよ」と
30年ちょっと前、マドリッドのスパニッシュブルー一色の空を見上げながら
現地駐在の旅行会社の人が言ったのを思い出した。
あの時は、今はもういないチーコも一緒だったなぁ...

そうだな、確かに、空には雲があった方がいいなと、改めて思う。


川や海や山に隔てられることなく広がる空。

この空の下で、みな、何をしているんだろうか。

彼の国にいるルイジは、5日間のレースを無事終えて眠りを貪っているだろう。
日本時間の夜中の3時に電話が鳴り
「きつ過ぎて何も覚えてないけど、何とか完走したよ」と報告があった。

テレビでは、リオオリンピックの中継が行われている。

男子400メートル個人メドレーの決勝... 
着替えもせずにテレビの前に立つ私の目の前で
地球の反対側では、若者たちが勝負をかけて泳ぎ
君が代が流れ、日の丸が上がった。


参院選に初出馬したタレント議員の公約みたいで恥ずかしいけど

この空の下に生きる全ての人たちが
幸せだな、って感じる人生を送れたらいいな、って思う。

この世の中、あまりに酷いことが多すぎるからね。








[PR]
# by linda-monda | 2016-08-07 11:42 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

天気雨

これ、雪じゃないです。今日の午後の天気雨。

d0210004_23552377.jpg



何の用事があったか忘れたけどベランダに出てびっくり!

カンカンと照ったもっのすごくいいお天気の空の下で
雨がサーッと勢いよく降って、雨粒がきらきらと輝いていた。

天気雨って幻想的。

狐の嫁入りなんてことを考えた昔の人の想像力には脱帽だ。

存命なら115歳ぐらいであろう母の長兄である叔父は、狐の嫁入りを見たと言って
その時の情景を詳しく話してくれたことがある。

日本のデルス・ウザーラ、と彼のことを私はそう思っていた。
作り話やでたらめを言う人ではなかった。
だから、夢を見たか、本当に見たかのどちらかだと思っている。

天気雨。

もしかして、写真を撮るのに夢中になっている間に
下の道を狐の嫁入り行列が通っていたかもしれない...








[PR]
# by linda-monda | 2016-08-01 00:09 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

願掛け

母頼みに書いたけど、ここ一月ほど、仏壇の母にお願いごとをしていた。

しかし、母に頼ってばかりではだめ、自分でも何かをしなくては、と思い
7月25日までは〝昼食はバナナ2本と食堂のおばちゃんが作る汁物だけ〟と決めた。

以来、週5日、黙々とバナナを食べ続けてきた。

そして、ついに最終日の今日、
さすがに飽きがきたところだったので
正直、心の底からほっとしている。

さて、その効果だが、どうやら私の頼み事は叶ったみたいだ。

ルイジにバナナ願掛けのことを話したら「ばっかじゃねーの」と言うだろう。

お母さんにできることって、こんなことぐらいしかないの。
願掛けなんて、結局、自分のため、気休めなんだけどね。







[PR]
# by linda-monda | 2016-07-25 22:13 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

やる気スイッチ

あれもこれも、やらなきゃならないことは山ほどあり
やりたいことも山ほどある。

が、どーにも、やる気のスイッチが入らない時がある。

ものすごく久しぶりに、友だちと料理を一緒にすることになった。
20代は、吉祥寺の個人宅のお料理教室に一緒に通い
30代は、イタリア料理とスペイン料理のサークル活動を一緒にやった。
40代は、お互いになんやかやと忙しく、たま~に会ってランチなどし、
50代の今になってやっと、また一緒に料理をする機会を持てるようになった。

「作る料理がマンネリ化してきちゃって、スペイン料理、教えてよ」という彼女からの連絡で
スペイン料理やる気スイッチが、久々にカチッと入った。

食べるためだけでなく、作ることを楽しむための料理は、久しぶり。
せっかく彼女と一緒に作るのだから、少し手間のかかるものにしよう。


d0210004_1629274.jpg



















奥が、タコと玉ねぎ、3色のパプリカをマリネにした〝サルピコン〟
真ん中は、マグロの〝エンパナーダ〟 
手前は、ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めは、義母のレシピにこだわった。
ネット上で同じレシピを探したけど見当たらなかった。

きっかり2時間で料理を終え、ビールやサングリアを飲みながらのランチタイム。
この充実感は、いったい何だろう... いやぁ、ほんとに満足、楽しかった。

彼女は、この春から、寝たきりではないけれど介護の必要なお姑さんと同居を始めた。

「月ー金は仕事だと思ってやってるの、だから土日はお休み」
「え、土日はどうするの?」
「土日はダンナ。お母さんと仲がいいのよ。マザコン、な~んちゃってね」

これからいつまで、今日みたいに一緒にお料理したり、おしゃべりしたりできるだろう。

若い頃は、これっぽっちも考えたことのなかったそんなことを思った。
そういう年になったってことだ。


そして、今日は、別のやる気スイッチが...

洗濯物を干す前に一枚だけ網戸を掃除しよう、と始めたら、夫が見に来た。
どうやら、彼のやる気スイッチも入ったらしい。
一度スイッチが入ると、とことんやるのが夫である。
〝うわ~ めんどくさいことになったぞ〟と思いつつ、心の中でほくそ笑む。

これやってよ、あれやってよ、はあまり得策ではない。
自分が先に始めて、夫のやる気スイッチを入れるのが良い。
もちろん、思惑が上手くいかないこともあるけど、その時はあきらめる。

きれいになった網戸から、いい風が入ってくる、夏の日の午後...

ああ、いいお休みでした。

さ、明日から、また頑張りますよ!







[PR]
# by linda-monda | 2016-07-24 16:32 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

今日初めて、行った、がんセンター。

お見舞い、と言うよりも、会っておしゃべりするのに
そこがちょうど都合が良かったから、てな感じかな。

12時間もかかった手術から3週間ほどしか経っていないのに
彼女は、やつれてもいないで、とても元気そうでほっとした。
悪いものを取ってしまったからスッキリしたっていうのもあるのかもしれないな。

でも、取ったからそれで終わりじゃないんだね...

念のための抗がん治療が始まるそうだ。

副作用の出方は人それぞれらしい。
どうか、彼女にとって苦しい治療になりませんように、と願うしかない。

がんの発覚から摘出まで4ヶ月。

他人からすれば、あっと言う間のふつうの4ヶ月が
彼女にとっては、不安と恐怖の長い4ヶ月だったに違いない。
ただ、その4ヶ月間の経緯を見るに、彼女にはまだまだ寿命があることは間違いない。

そうだよ、彼女みたいな人には、もっと生きてもらわないと困る。

国立がんセンターに二度と足を踏み入れなくても済むように
免疫力アップの方法でも調べてみましょうか...






[PR]
# by linda-monda | 2016-07-18 22:40 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

不忍池の蓮

あ、そろそろ蓮の花の時期だなぁ、と先週あたりから不忍池のことが
気になりだしたところだった。

そして、今日は、曇天の散歩日和。夫を誘って上野へGo!

蓮は咲き始めたばかりという感じで
一面、緑の葉っぱに覆われた不忍池は
ところどころに、ぽつん、ぽつんと鮮やかなピンク色が見える程度。
いや、でも、それもまた良し。


d0210004_22231051.jpg


来週か再来週あたりが見ごろかな。

ところで、池の周りに金属製の柵が設置されたのはいつ頃なんだろうか。

以前は、池のすぐそばまで行けた記憶があるが、
柵のある所は、2~3メートルかそれ以上、離れた所からしか見られない。
これは、相当、臨場感に欠ける。
観光客が増えたからなのか、池から何かを獲る輩が増えたからなのか知らないが
これじゃあまるで動物園と同じだ。

最近、どこへ行っても、禁止事項が多くて超絶うざい。

もしかして、次に行った時には
不忍池に通じる路地にあるピンク映画専門の映画館もなくなってたりして。

ピンク映画に興味はないし、小さな子供を連れてあの道を通りたくはないが
ルールやマナーや風紀や事故防止みたいなものが
世の中に張り巡らされるのも、どうかな、と思う。

そういう環境になればなるほど、逆におかしな連中が増えるんじゃないかと思うのは
素人考えだろうか。

上野界隈が丸の内みたいになりませんように、と願ってやまない。


d0210004_22233144.jpg








[PR]
# by linda-monda | 2016-07-17 22:18 | 散歩する | Trackback | Comments(0)

メンズSサイズ

外に着て出られない、しょーもないTシャツばかりで
今日もルイジのTシャツをナイショで拝借。

メンズのSサイズは細身だが、腕周りがゆったりしていて
逞しい二の腕の私にぴったりなのだ。
それに、色も柄も、なかなか良い。

ルイジが知ったら何と言うだろう。

「勝手にヒトのもん着るなんて信じらんねー」
「うそだろう!? まじ、きもいからやめろよ」

な~んて口をとがらせるルイジの顔が目に浮かぶ。


新しい服を買わずに節約しているのはルイジのため。
Tシャツぐらいちょっと借りたってバチはあたらないっしょ。
と、強気な言い訳をブツブツと独りごちながら袖を通す。


5年前には80キロ以上あって、LかLLサイズを着ていたルイジが
今や、体脂肪6%のSサイズなんて、ほんと笑ってしまう。

おかげで重宝してます。






[PR]
# by linda-monda | 2016-07-16 23:47 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

忘れ物の携帯電話

朝、メトロに乗って、よっこらしょと腰を下ろしたら
向かいの座席に黒くて四角い物がぽつんと置かれていた。

Wi-Fiルーターかしら、と思って見ていたら
よれよれのポロシャツと和柄の膝丈綿パンにサンダル履きの
肉付きの良い中高年のおっちゃんが入っ来てそのすぐ横に座り
何らためらうことなくすっとそれを取った。

ガラケーだった。
これまた何らためらうことなくフタを開け
次の駅に着くまで食い入るように何かを目で追っていた。

胸がざわついた。

うわぁ~ いやだな~ こういう人、いるんだぁ...
メールを読んでるんだか何だか知らないが
他人の携帯電話を堂々と覗き見るなんてサイテーな奴だ!

やっぱり、パスワードを設定しておかなくちゃだめだね。

私は、設定してあります。
今までお店や図書館や会社の更衣室なんかに置き忘れたことが何度もあるから。

で、そのおっちゃんは、そのガラケーを持ったまま次の駅で降りた。
ポケットやセカバンに入れるでもないその持ち方を見て
何となくだけど、忘れ物として届けるんじゃないかな、という気がした。






[PR]
# by linda-monda | 2016-07-08 21:19 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

アクセス数の不思議

元々、このブログへのアクセス数は少ないけれど

まめに書いている時と、ひと月ほど書いていなかった時と

アクセス数に差がないというのはどういうことか?

しかも、書いていなかった間のある日は数百に達し
ブログを始めてからのギネスとなった。

いったいぜんたい、どういうことなのか、皆目見当もつかない。

プログラムの不具合でもあったの?






[PR]
# by linda-monda | 2016-07-04 20:42 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)

昼寝

枕元の携帯が振動して目が覚めた

マリオからの電話だ
「もしもし」と言ったが切れてしまった

画面の時刻を見て、えっ? 

15:00ってなに? どういうこと? またスマホの不具合?

〝現在〟が把握できずに小さなパニックに陥った


ああ、そうだった... 珍しく、超久しぶりに昼寝をしたんだった
たまにはアラームから解放されたいと思って目覚ましをかけずに寝たんだった

2時間半眠ったことになる
マリオから間違い電話がこなかったらもっと眠っていたかもしれない


学生の頃は、昼寝してよく寝ぼけたことがあった
昼寝と言っても、試験の時に早めに帰宅して、夜の勉強に備えようと
午後の2時とか3時頃から夕方の5時頃まで眠ったのだが
目覚めて、辺りの薄暗さを朝の5時と勘違いして焦りまくったことがよくあった

金縛りにあうのも昼寝だった


昼寝は、短い方が良い
長く眠ると、寝ぼけたり、寝覚めが悪かったり、
起きた後も、なんとなくだるくて頭も今一つすっきりとしない

今日の昼寝は失敗だった





[PR]
# by linda-monda | 2016-07-03 16:04 | ダイアリー | Trackback | Comments(0)